透明感のある肌を目指す

美容クリーム

美白成分の特徴と効果

普段から紫外線対策をしっかり行っていても、肌にポツポツとシミができてしまうことがあります。そんな時に役立ってくれるのがシミ取りクリームです。シミの元はメラニンですからいかにこのメラニンを防いで肌からシミを追い出せるかが、シミ取りクリーム選びのポイントとなります。有効な美白成分が入ったシミ取りクリームなら、シミを予防してメラニンを作らせない効果に優れていますから、配合されている美白成分に注目してみましょう。厚生労働省に認可されている美白成分なら、シミへの高い効果に期待できます。主なものにはビタミンC誘導体やプラセンタエキス、アルブチンなどがあり、これらが含まれたシミ取りクリームには薬用や医薬部外品と表記されています。一般的な化粧品よりも効果が高いですから、薬用や医薬部外品と書かれた美白化粧品を用いるようにしましょう。これらの美白成分はメラニンの生成を抑えてくれますから、表面化していないシミをしっかりと防いでくれます。また、ビタミンC誘導体にはメラニンの還元作用がありますから、今あるシミを薄くする効果と将来のシミを予防する両方の効果を持っています。そして、ハイドロキノンはビタミンC誘導体よりも強力で、シミを薄くする効果が高いですから、濃いシミに悩んでいる方に向いています。その他、ホルモンバランスの崩れによるぼんやりしたシミにはトラネキサム酸が有効ですし、シミのタイプによって効果のある美白成分が異なっています。より自分に合っている美白成分をチェックしてみて、薬用化粧品を使うようにしましょう。